水溶性食物繊維 不溶性食物繊維



食物繊維は、水にとける水溶性食物繊維と、水に溶けにくい不溶性食物繊維に大別できます。
寒天は、水溶性・不溶性食物繊維のどちらにも分類されます。

水溶性食物繊維には、下記のものがあります。
・リンゴ、ミカン等の果物、芋類、キャベツや大根等の野菜類
・“こんぶ”や“わかめ”などの海藻類等(ヘミセルロース)
・大豆やカラスムギ(烏麦)等の麦類、海藻類等(ガム質)

水溶性食物繊維の効果として、
・水分保持能力が強く、ドロドロと粘りのある状態になって胃の中での滞留時間を延ばします。
・小腸での栄養素の消化吸収を抑えて遅らせます。また、有害物質を吸着して体外へ運びます。

不溶性食物繊維には、下記のものがあります。
・大豆、ごぼう、小麦ふすま、穀類など(セルロース)
・小麦ふすま、大豆、穀類、野菜類など(ヘミセルロース)
・小麦ふすま、穀類、完熟野菜類など(リグニン)

不溶性食物繊維の効果として、
・腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)を盛んにし、消化管を通過する時間を短縮させます。
・消化管内で水分をかかえ込んで容積を増加させます。それにより糞便の量が増え便の排泄を促進します。

これらの水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をうまく組み合わせて、お腹の中をいつもキレイにしましょう。
そして、食物繊維でおなかの中をキレイにそうじして、成人病・生活習慣病・肥満予防対策を心がけましょう!

スピード相互リンク
BBS7.COM
MENURNDNEXT
by
 sougolink.com
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。